食品化学

食品化学

当社は、生産品目の90%以上を自社開発技術で製造している技術志向型企業であり、技術の優位性については自他ともに認めるところです。これは当社が数多くの技術引き合いを受け、かつ当社の技術が先進国を含む世界各地へ導入されている事からも実証されています。

1958年、日本初の化学プラント輸出国であったバングラディシュ(当時は東パキスタン)へのアンモニアおよび尿素のプラントの運転指導を皮切りに、メタノー ル、ホルマリン、キシレン、過酸化水素、メタノール原料ガス(水素、CO)の発生装置など、数多くの製造プロセスに関して技術ライセンスを所有しています。現在、その数は220 件以上に達しています。

食品中的化学小常识

三菱ガス化学は技術ライセンス、プラント輸出のパイオニアとして、独自技術と長年にわたる運転実績を基に世界各国の工業発展に寄与しています。

  • 食品化学第二版答案サウジアラビア、ベネズエラ、ブルネイ、赤道ギニア、インド
  • 食品中砷铅化学测定方法オランダ、ブラジル、韓国、台湾、インド、インドネシア、日本など約50件
  • 食品中主要的化学反应台湾、インドネシア、フィリピン、マレーシア、タイ、中国、日本など約80件
  • 食品化学第一章イタリア、アメリカ、ドイツ
  • 食品化学第二版答案アメリカ
  • 食品中主要的化学反应アメリカ、フランス、スペイン、ブラジル、メキシコ
  • 化学新闻事件食品事件韓国、タイ、旧ソ連、アメリカ、シンガポール
  • 食品中砷铅化学测定方法韓国、インドネシア、スウェーデン、アメリカ、シンガポール、台湾、中国
  • 食品化学污染的危害タイ
  • 拉乌尔定律在食品化学中インドネシア、マレーシア、サウジアラビア
  • ジメチルエーテル(DME):ドイツ、オランダ、韓国

食品化学 杨瑞金 江波 杨瑞金 卢蓉蓉

当社が所有する技術ライセンスについてのお問い合わせは、当該カンパニーまでご連絡ください。

お問い合わせの際は、あらかじめ下記の情報をご用意ください。
1. お客様名 2. 技術(製品)名 3. 生産能力 4. 原料 5. ご要望の製品品質 6. 建設予定地 7. 用途、主要販売先(国内、海外) 8. 建設スケジュール 9. 資金について 10. 競合社名、その他諸条件等